和歌山県 和光農園から

wakouen.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大きく育てよ

今日はネーブル、グレープフルーツ、レモンなどかいよう病に弱い品種に黒点病の予防も兼ねて銅水和剤(商品名ICボルドー66d)を散布。
昨日より暑さはましだが午後から少し風が出てきた。明日は天気が悪くなる予報。
夕方種から育てて大きくなったプチピーのレッド苗10本を定埴。(他にオレンジとイエロー)時間があったので気になっていたアボカドの新しい畑へ行ってみた。
植え付け時に根鉢を崩してしまったメキシコ-ラは葉っぱが落ちてしまっていたが何とか枯れずにいる。
新たに芽吹いてくれないかなあ。ベーコンはまずまず順調で小さな実をつけたものもある。でも今年はまだならさずにおこう。
d0326392_23312751.jpg


下の画像はひと月前のもの。花が落ちた後に新芽が出てきた。
d0326392_22375856.jpg
左の茶色い新芽の下に2つ幼果がのぞいている
d0326392_23345199.jpg

[PR]
by utisiba003 | 2016-05-24 23:56 | Comments(0)

初めての野菜作り

びわの減収をカバーしようと家内の提案でぷちピー作りに挑戦することになり、土作り、畝立てと準備をしてきました。
昨日頼んでいた苗が届いたので早速植え付け。午後からは雨の予報だったのでちょうどいいかと思っていたけれど、日差しがきつく、何より強風が吹き延期しようかとも思いましたが予定通り行いました。
d0326392_23403974.jpg

黄色、オレンジ色、赤とそれぞれ6本ずつ計18本、ネットで調べた植え付け方を真似してやってみましたが、終わるころにようやく慣れてきました。
この前アボカドの苗を植えたときに注意不足から1本だけ鉢の土を崩してしまいうまくいかなかったので、ポットから取り出す際と苗の高さを畝の高さに揃えるのに注意しました。
d0326392_23415950.jpg
ココアハスクは葉焼け防止になるかと播いてみました
はたして収益につながるでしょうか・・・


[PR]
by utisiba003 | 2016-05-17 00:01 | Comments(0)

スーパーサブ?

4月半ばから始まったびわの袋掛けもあと半日で終了。やはり平年の1割作くらいです。
d0326392_09071792.jpg
本来は冬に咲く花。みかんの収穫期と重なりじっくり見た覚えがなかったが、こんなだったんだ。
一方で早くも色づいたものが。
d0326392_09074029.jpg
もう少し進んだものを食べてみるとそれほど酸っぱくなく美味しくはないがびわの味。やはり種はないがこのまま行けば出荷できそうだけれどそれまでに鳥や虫に食べられそう。
このびわ栽培は35年前就農した際、柑橘のみの経営であったため、危険分散と夏場の収益確保のため新規に参入しました。近くに産地もあったためです。
同じくその頃考えていたのがぎんなん栽培です。あまり手間がかからず、鳥獣害を受けないのが利点です。
10年ほど前に植えました。ぎんなんにもいろいろな品種があって、みかんのように収穫時期により早生、中生、晩生があります。
昔、生物で習った裸子植物でオスの樹とメスの樹に分かれる雌雄異株です。藤九郎という晩生数本と受粉樹のオスの樹を1本植えています。
d0326392_09082237.jpg
d0326392_09080148.jpg
幼果。土偶のどこかみたいです。一番苦労する作業は収穫後果肉を取り除き実を洗浄する作業。

[PR]
by utisiba003 | 2016-05-09 09:36 | Comments(0)