和歌山県 和光農園から

wakouen.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

犯人は誰だ

びわ畑では例年イノシシによる食害を受けていました。
びわの木は大きいのでさすがに上の方は無傷ですが下の方の届くところを食べに来ます。
数年前には収穫作業中にウリ坊4匹と出くわし、追いかけ回したことがありました。
台風などの気象災害もはつらいものがありますが、イノシシのそれは時には一晩のうちに甚大なものになるときがあり、金銭的な被害も大きいですがそれ以上に精神的にダメージを受けます。
そこで昨年隣接するミカン園の方と共同で金網で囲いました。
それ以降今日まで被害はありません。
袋掛け作業をしてくれる家内や女性パートの方にもイノシシがやってくる心配がないと好評です。
d0326392_22195183.jpg

びわの収穫が始まってから約1週間。その間に2回倉庫が荒らされました。
1回目は始まってすぐ。私の不注意で夜間倉庫の扉を閉め忘れ、一晩中開けっぱなしていました。
すると翌朝何者かによって袋から取り出して並べてあったびわが食べ荒らされ、袋のままのびわが入ったかごの上に乗った痕跡がありました。
2回目は扉を閉めていたにもかかわらず朝になると30センチほど開いていて、かごのびわをひっくり返して食べていました。
イノシシにしては被害が小さく、アナグマだとすると重い扉を開けられるか疑問が残ります。
以降扉の鍵を閉めるようにして地区の中山間組織所有の小動物捕獲器を設置しました。
d0326392_22224077.jpg

はたして犯人は・・・。
[PR]
by utisiba003 | 2015-05-26 22:31 | Comments(0)

びわの収穫開始とウインターメキシカンがやってきた

雨が降ってきたので1時間ほどで中止となりましたが午後から今シーズンのびわの収穫を開始しました。
昨年より6日早いスタートとなりました。茂木という品種の苗を30年近く前に買って植えたのですが
その一部に早い品種(長崎早生?)が混入していたようで毎年早く色づきます。
日当たりのよい樹のてっぺんから色づくため、登って一袋づつ中をのぞいて確かめてから袋ごと手で折って
ぶら下げたかごにそっと入れていきます。
過熟にも未熟にもならないよう気をつけます。
明日からいよいよ本番。3週間ほど続きます。
d0326392_20402092.jpg


昼過ぎにアボカドの苗が鹿児島から届きました。
ベーコン5本とウインターメキシカンという品種1本の計6本。
右端がそれです。大きな鉢に移し替えて来年の春に畑に植える予定です。
d0326392_20461261.jpg

これで我が家には主力のベーコン、フェルテ、ウインターメキシカンと授粉用のハス、ピンカートンと5品種となりました。(アボカドは雄しべと雌しべの活動が午前と午後に分かれるため異なるタイプの品種を授粉用として混埴する必要があります)
[PR]
by utisiba003 | 2015-05-18 21:01 | Comments(0)

引っ越し

1年以上前からアボカドの大きな木の株もとにアボカドの小さな木が生えているのに気づいていました。いつか鉢に上げてやらないとと思いながら月日が過ぎていました。
昨夜からの雨がお昼前に止んできたので山に上がり作業開始。
d0326392_12112889.jpg

2~3年前に収穫の際見落としたか、収穫前に落果したものが幸いにも育ったと考えられます。
d0326392_12143123.jpg

日陰育ちのためスリムな体型です。
[PR]
by utisiba003 | 2015-05-16 12:18 | Comments(0)

順調

今日は蒸し暑かった。有機のみかん畑で施肥や枯れた木の伐採、焼却作業を行ったから余計です。
枯れた木にはその原因となったカミキリムシやミカンナガタマムシの幼虫が潜んでいて被害が広がらないよう焼却することが大切です。出来れば冬の間に済ませておくべき作業でした。
途中にあるアボカド畑によって接ぎ木の成果をチェック。
芽も少し伸びて今のところ順調です。
しかし失敗した昨年もここまでは来ていたのでまだ安心はできません。
d0326392_23105982.jpg

一度失敗して1年間棒に振りましたがその間にも台木は太くなりました。
その分2度目の成功でより成長が促されればいいのに・・・。
夕方から和光農園グループの総会というか反省会というものを行いました。
[PR]
by utisiba003 | 2015-05-15 23:14 | Comments(0)

びわ色づく

昨日朝、雨も上がりびわの様子を見がてら草刈りに。途中で大きな枯れ木が道を塞いでいて、一人では動かせないためチェーンソーを取りに帰宅。枯れ木を細切れにして撤去。びわ畑に着くと心配していた強風による袋の落下はありません。安心して草刈り作業。お昼になって帰り際、袋を除くと早くもびわが色づいていました。
この様子だと1週間もすれば収穫が始まりそうです。
d0326392_2235936.jpg

[PR]
by utisiba003 | 2015-05-14 22:39 | Comments(0)

5月の台風

和歌山に最接近するころには温帯低気圧になっていましたが、季節外れの台風がやってきました。
昨年の台風ではレモンの木が何本か倒され被害を受けました。今頃台風がやってくると月末に収穫を控えたビワに大きな影響が出ます。4年前にはもう少し後の5月下旬に台風がやってきて袋ごと強風により落されてしまいました。また残ったものも収穫直前ですでに柔らかくなった果実に傷みが出ていました。
いつ来ても歓迎されない台風ですがこの時期は特に勘弁して欲しいものです。
[PR]
by utisiba003 | 2015-05-12 20:03 | Comments(0)

今度こそ○か

昨年の今頃アボカドの接ぎ木を行い、結果を○としていましたがその後もう少し芽は伸びたものの枯れてしまいました。最終結果は×。その原因がわかりませんでした。
このブログにコメントいただいたことによって知り合った和歌山県の普及員でいらっしゃるNさんに教えてもらったところ穂木(接ぎ木で根を含む部分を台木、そこに癒合させる先端部分を穂木と言います)の状態が悪かったのではないかということでした。昨年は柑橘などのように冬場にあらかじめ採取しておいた穂木を冷暗所で1~2カ月保管しておいたものを利用しました。実際に昨年は少し干からびているかなと思いながら接ぎ木しました。今年は接ぎ木直前に穂木を採取しました。今の段階では昨年と同じですがこの先も順調に育ってくれることを期待しています。
d0326392_20433929.jpg

[PR]
by utisiba003 | 2015-05-11 20:44 | Comments(0)